HEART FULL DAY's

アカペラバンド 「HEART FULL DAY's(ハートフルデイズ)」のブログへようこそ! 濃い男6人が思いを語ります。

2017/08

«

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満足とは何か?

唐突ですが、僕の好きなマンガのセリフに
「最高のものはと聞かれて、すぐさま答えを出せるってのは、ある意味終わってる」
というのがあります。
相手を挑発するような、そんな何気ないセリフでしたが、僕の頭には強烈に印象に残っている言葉です。
ちなみにこのすぐ後の言葉は、
「後は、その最高の物に囲まれて死ぬまで時間潰すだけ」

要するに、「常に新しいもの、より良いものを求めなさい」ってことですね。
当たり前といえば当たり前のことなんですけども、意外とそれができない人は多いような気はします。
「怠け」が「何も考えなくなること」と同義だとすれば、これも「怠け」なんでしょうね。


金曜担当のしんでございます。
テレビで、ある絵本にある「怠けることとは」みたいなことが紹介されてまして、真っ先に一番最初のセリフを思い出しました。
ちょっとした戒めのようなものですね。




最近、ちょっとサークルの新人の子と話す機会がありました。
「最近は、サークルのバンドを聞いてても、心に響かない。歌は上手いんだけども、何かグッとくるものがない」という話をしたら、その子も「ああ、何となく分かります」と返してくれたのが凄い印象的でした。アカペラ経験の少ない子でも、いや、むしろ少ないからこそ分かる感覚なのかも知れませんが、「こう感じるのは僕だけでは無かったんだな」と思いました。が、じゃあこれがサークル外の人なら、もっと敏感に感じてしまうのではないかという危機感も覚えました。

歌において、人の心に残るのは、技術とかではなく(有り体な言葉だけども)「ソウル」だと思います。
やっぱり当たり前といえば当たり前なんだけども、アカペラをやっていると意外とこれに気付かない。気付いていてもどうすれば良いかが分からない。
でも、ちょっと頭が凝り固まっているだけで、答えは考えているよりずっと簡単な気はするんですけどね。きっと、分かれ道が多すぎて、本道を見失ったようなものだと。意外と、スタート地点に戻れば、本道は楽に見つけられるような気がします。まあ、一番厄介なのは、はなからその道に入る気がないのに、ゴールだけ見てるってやつですが。


ちょっと抽象的な話になり過ぎましたが、何となく分かる人もいるんではないかなと思います。




スガシカオの新曲のバックダンサーがムチャクチャ気になります。お前ら、原田泰造か!
機会があれば見てみてください。




何も面白い話がないんで、小ネタ。
僕は小さい頃、「ダイヤモンド」のことを何故か「デンジモンド」と言っていたらしいです。
全く記憶にないんですがね…。
スポンサーサイト

comment

comment form

管理者のみ閲覧可能
プロフィール

HEART FULL DAY's

Author:HEART FULL DAY's
<今後の出演情報
決算ライブ終了しました!
これでハートフルは解散します!
たくさんの笑顔、ありがとうございました☆



<Information>
ハートフルTシャツの販売は終了しました。

<Songs>
・Always (光永 亮太)
・オレンジ (SMAP)
・ダンス天国 (Wilson PICKETT)
・Feel your breeze (V6)
・Be cool! (YAEN)
・GREEN DAYS (槇原 敬之)
・Yesterday and Tomorrow(ゆず)
・隆福丸(HY)
・ボクラノLoveStory(WaT)
・We love music(ケツメイシ)
・笑えれば(ウルフルズ)
  with apolo & Shinya

<問い合わせ>
質問などの問い合わせは下記のアドレスまでお願いします。
heart_full_days◎yahoo.co.jp
("◎"は"@"に直してください。)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
test
test

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。